運転スキルが身につく

合宿で免許を取得することで、運転スキルを身につけやすいという特徴もあります。毎日教習スケジュールが組まれているために毎日学科と技能の時間を持つことができます。特に、技能については毎日車に乗ることで運転スキルを身につけやすいです。運転をして苦手なことやうまく習得できなかったことはすぐにその日や次の日に復習する時間が持てるので、スキルを身につけやすいのです。

また、教習が夕方で終わるので夜には自由な時間があります。そこで、教習の復習や学科試験の勉強をすることができます。通学型だとバイトや学校のことがあったり友達と出かけたりするためになかなか勉強時間が取れないですが、合宿だとやることがなく自然と勉強するようになるものです。また、仲間がいることで勉強もはかどりやすいです。

また、合宿場所は郊外にあるので車の数も少なく道も広いので運転がしやすい道が多いです。運転に苦手意識がある人は、周囲に車がいることで路上教習は一気に不安が高まるものです。郊外での教習であれば周囲の車が少ないことで自分の運転に集中でき運転のスキルが身につけやすいのです。もちろん、このような運転に不安や苦手意識がある人は、免許取得後の運転はすぐに一人であちこちに行くのではなく、徐々に車の多いところに慣れていく必要があります。

合宿免許の費用

合宿免許のメリットとして、費用の安さが挙げられます。一般的な免許取得には25万円から30万円ほどです。それに対して合宿免許は20万円から25万円、最安値のところだと20万円を切るところもあります。5万円近く安く免許が取得できるというのはとても大きなものです。

合宿免許費用は、時期や合宿場所によって変わります。夏休みや春休みといった長期休暇の期間になると多くの学生が集まるので人気も高く費用がかかることが多いです。それに対して4月から7月、10月から1月は学生もこの時期は学校のスケジュールが出ていなかったりアルバイトが忙しかったりするためにあまり申し込みをしません。そのため、比較的予約も取りやすく合宿費用も抑えやすいです。

また、宿泊する場所によっても費用が変わります。個室になると基本費用に新たに費用を追加する必要があるので合宿費用が高くなります。宿泊する施設が古いところよりも新しいところの方が高いですし、最近だとWi-Fi環境が整っているところは高いことが多いです。合宿費用を節約するために、食事がつかないところを選ぶということもできます。一般的な宿泊施設は夕食が出るのですが、キッチン付きの施設を選ぶと自炊することになり、夕食の費用を抑えることができます。

合宿免許とは

運転免許の取得方法というと、自動車教習所に通学する方法と、合宿免許といって教習所の近くにある宿泊施設に合宿して免許を取得する方法とがあります。合宿する場所は、自動車教習所が指定している宿舎がありそこに宿泊しながら教習所に通います。もちろん、教習所は各都道府県公認の自動車教習所ですから、卒業すれば免許を取得することができます。

合宿免許に通うためには最短でも2週間、準備やもしも試験に合格せず追加教習が必要な場合には前後に数日余裕を見る必要があり3週間近く休日が必要です。そのため、学生が長期休暇に入る夏や冬に実施されるのが一般的です。参加者は大学生が最も多いですが、それ以外にも社会人が有休を使ってきたり、フリーターが休日を工面してきたり、仕事を転職する前の休養期間を利用したりということで、学生以外の人が参加することもあります。普段の生活ではなかなか出会えないような地域の人たちや職業の人と出会えるため、魅力的であると言えます。

また、合宿免許で免許を取得することで他にもメリットがあります。そこで、ここでは合宿免許で免許を取得することで得られるメリットについて紹介していきます。合宿ということで集団行動をすること、様々な人が集まることに不安を感じる人も多いものです。そこで、苦手意識を感じていて合宿免許への申し込みをためらっている人もメリットを読んで安心して通えるよう、不安点を払拭できるようにしましょう。